高血圧と偏頭痛には関係がある

患者の血圧を測定する医者

高血圧を患っていると、色々な別の病気との関連性が深くなるので、それに伴って偏頭痛なども関係があり、その原因が、高血圧によるものではないかといった疑問が浮上されています。

偏頭痛は特に女性の方になる傾向があり、主な特徴では低血圧の人になりやすく、病状は軽度から重度までさまざまです。
偏頭痛の症状が、心臓の鼓動に合わせて波打つように痛むことから、高血圧が原因ではないかと思われていました。
或いは、偏頭痛だと思って鎮痛薬を服用していたら、何と原因は高血圧だったなどという事例もあります。
高血圧が原因の偏頭痛の症状は、こめかみなどが鼓動を感じるように痛むことで、よく似ているので勘違いが起こったと思われます。

偏頭痛は、勿論軽度のものから重度のものまでありますが、吐き気などを伴い、光や音に敏感になるという症状が多くみられるようです。
それも一度始まってしまうと、何時間から何十時間という長い時間症状が続くので、普通の頭痛と違い、当人にとってはとても耐えがたい苦痛となってしまいます。

病名が偏頭痛だと判断された患者の中で、3割位の人にはそれなりの兆候がみられる傾向にあります。
おもな症状としては、機嫌が変化し気分が高揚したり、もしくは反対に落ち込む、疲労だったり、あくびや過度の眠気といったものまでさまざまあり、体からの症状としては下痢や便秘、尿が異常に出るといったものまであります。

高血圧と偏頭痛の関係は、偏頭痛の原因が未だ解明されていない以上、痛みの原因が高血圧にあるというのも定かではありません。
世の中には、偏頭痛に関して色々な説があるようですが、患者の特性から、低血圧の女性が多いとの結果にすぎないので、高血圧との関連性は現在解明されてはいません。

病気が発覚し患者となると、長時間辛い症状が長引くのは当人にとって非常に耐え難く、また原因がはっきりしていない、原因不明の頭痛であればなおさらのことです。
こういった症状の多くが、女性だということも何かしらの原因の一つになり、血圧との関連が問われます。

偏頭痛はいろんな病気の前兆かも?

頭痛で悩んでいる人のうち、3割もの人が慢性的な頭痛に悩んでいるというデータがあります。
偏頭痛の多くは命に関わるようなものではありませんが、命に関わるような病気の前兆として偏頭痛が起こる場合もあるので注意が必要です。

頭の片側に痛みが生じる偏頭痛は痛みが強いのが特徴ですが、痛みが強いからといって重篤な病気に関わりがあるわけではありません。
いつもの頭痛に比べて痛みがひどくなったとか、いつもと痛み方が違うといった時の方が注意が必要です。

偏頭痛が前兆として現れる病気には、くも膜下出血や脳動脈瘤乖離、脳腫瘍などがあげられます。
くも膜下出血とは、血管にできた脳動脈瘤という瘤が破裂することによって起こるとされています。
非常に激しい痛みが生じますが、痛みが鈍いこともあり偏頭痛と勘違いされてしまうこともあるようです。

くも膜下出血になってしまった患者は、突然重い症状が現れるので救急車で運ばれてくれるのが一般的です。
治療が遅れると命を落としてしまうこともあり、助かっても体に麻痺が残ってしまうこともあります。
ただ、軽度の場合には頭痛がする程度で、自分で外来を受診するという人もいます。

脳腫瘍の場合には、突然強い頭痛に襲われるということはまずありません。
徐々に頭痛が強くなっていくのが一般的です。
一口に脳腫瘍といってもいくつもの種類があり、悪性腫瘍もあれば良性腫瘍もあります。
それぞれ適切な治療法も異なっています。

それから頭痛と高血圧の症状が一緒に現れた場合には、高血圧性の脳症や脳出血などのリスクが高くなってしまうことが分かっています。
ですから高血圧の人に偏頭痛の症状が起きた場合には、十分な注意が必要になります。

関連記事
  • 患者を診ている医者
    高血圧と痛風の関係 男性に多い病気のひとつに痛風があります。 痛風と言う病気の名前はよく耳にしますが、どういう症状の病気... 2019年02月27日
  • 血圧測定器
    利尿剤で血圧が下がる仕組み 高血圧の人には利尿剤が処方されるケースが多いのですが、メカニズムがわからず不思議に思っている人が多い... 2019年02月20日
  • 薬を飲む患者
    高血圧治療薬ならノルバスクも人気 医師から病名を告げられ、本人の高くなった血圧を下げるために、降圧剤の薬がそれぞれ本人に処方されること... 2019年02月16日
アーカイブ
サイト内検索