高血圧を改善できる漢方薬とは

高血圧の改善には漢方薬からのアプローチが期待できます。
漢方薬による高血圧へのアプローチには、血圧が上がってしまう原因を根本から改善させるというプロセスが有効です。
根本から問題を改善することにより、自然と血圧を安定した状態に導く結果を得ることができます。

漢方薬の中で血圧上昇の原因改善に役立つのが、釣藤散です。
漢方用語には気と呼ばれる、目には見えないものの私たちの体を支えてくれている、中心的な原動力があります。
高血圧の方の多くが、この気が上昇気味であることが分かっており、釣藤散には気の上昇を抑制する働きがあります。
ですから釣藤散を用いて気の上昇を抑える事で、高血圧の原因を改善できるのです。

また釣藤散は、同時に血のめぐりが良い状態に整える役割も果たしてくれます。
この血も実は漢方用語で、私たちの体の器官や組織に栄養を与えるものを表します。
更に、高血圧の症状に随伴した不快な症状にもこの漢方薬は効果的です。
随伴症状としては、慢性的な頭痛や肩こり、めまいなどがあげられます。
これらの症状に当てはまる体質の方に最適であるといえます。

随伴症状にあげた慢性的な頭痛ですが、高血圧に随伴する頭痛には実は特徴が見られます。
たとえば発生する時間帯については、日中の午後よりどちらかというと朝方に多くみられます。
また、痛みを感じるのはこめかみなど、側頭部側を中心する場合が多いということが特徴してあげられるのです。

漢方薬に慣れていない方は飲み方に苦労しがちなので、漢方薬を楽に飲む方法を知っておくと重宝します。
まずは漢方薬をすぐに口に入れるのではなく、その前に水を口に含むようにしてください。
そうして、含んだ水の上に漢方薬を落とすイメージで、水と一緒に飲み込むようにします。
それから再度、飲み終えた後には水を飲むのです。
服用前は説明書に十分に目を通し、用法用量をしっかりと守って正しく服用するように心がけることも大切なことです。

漢方医学ではストレスも高血圧の大きな要因

一口に高血圧といっても原因がさまざまなので、病院やクリニックで処方されるのは、通常の降圧剤が多いのです。
同じ高血圧で治療しようと思った場合、単に血圧を下げることが目的のときには、漢方薬の効果は降圧剤には劣りますが、体には負担が少なく優しい処方となります。

高血圧に関して、血圧の数値が示す以外の症状として、人によっては先に述べた頭痛の症状以外にも、立ちくらみや顔面の紅潮、或いは目の充血や耳鳴り、動悸、精神的な緊張などが挙げられます。
これら症状一つとっても、慢性化して本人の日常生活に不快感を感じさせるものです。

しかし、高血圧になってしまう原因として、日常のストレスが大いに関わっていると言われています。
高血圧の原因は、色々取り上げられていますが、現代はストレス社会とまで言われている時代なので、ストレスが原因でその症状を生み出しているとも言えます。

日常でストレスが多いと感じている人には、高血圧対策として、釣藤散のような漢方薬でその症状を改善することを試みて、血圧が安定する効果を望むこともできます。
漢方薬である釣藤散は、血管拡張作用のある生薬が配合されています。
朝早くの血圧が高かったり、それに伴って特に朝方には、頭重感や耳鳴りが表れやすいというような、慢性的な症状の人には良いとされています。

高血圧で処方される漢方薬でも、一人ひとりの体調や体質に合わせて治療するという点で、とても優れた効果を発揮します。
日々の生活の中で、ストレスが原因と思われるようであれば、体質改善にも役立ち、血圧を安定させる漢方薬を取り入れてみるのも方法の一つです。
今ではクリニックでも、高血圧対策として、漢方薬を処方しているところも増えてきました。

関連記事